オイルクレンジングで角栓ポロポロってホント?

オイルクレンジングで角栓ポロポロってホント?

DUOクレンジングバーム

オイルクレンジングを使用中に指先に何か小さなかたまりが触れた経験はありませんか?実をいうと、それは毛穴から出てきた角栓や剥がれ落ちた角質が混じっているものです。

 

肌にザラつきやポツポツと毛穴を黒く目立たせる角栓は、オイルクレンジングで解消するとができます。角栓ができやすい鼻や顎の部分をオイルクレンジングで優しくマッサージしていると、角栓がポロポロと落ちていく感覚を指先に感じるでしょう。

 

全ての角栓がいっきに落とせるわけではなく、オイルクレンジングを使用するごとに少しずつ落ちていくといったかんじです。
毎日使っていくうちに、角栓によるザラつきや黒ずみが解消されていくことが期待できます。

 

オイルクレンジングで角栓を浮かせて取る

DUOクレンジングバーム

オイルクレンジングで角栓を取ることができる理由は、角栓を形成している主な成分が脂質だからです。
角栓は毛穴のサイズに合わせてビッシリと詰まっていますので、角栓自体を少し溶かしてサイズダウンさせて浮かし取る必要があります。

 

脂性のものを溶かすには同じ脂性の成分が必要ですので、オイルクレンジングがその役割を果たします。毛穴に詰まった頑固な角栓も、オイルクレンジングで表面を少し溶かすことで出てきやすくなります。

 

角栓取りには鼻パックもありますが、皮膚への吸着力が強すぎて肌に負担がかかること、そして、角栓をそのままのサイズで引き抜いてしまうことで毛穴を広がらせてしまうというデメリットがあります。

 

毛穴の広がりは次の角栓をできやすくするだけでなく、毛穴のサイズに合わせてさらに太い角栓を作ることにつながります。

 

オイルクレンジング角栓を小さくして毛穴に負担をかけずに除去し、収れん作用のある化粧水で肌を整えるといったお手入れをしっかり行なうと、毛穴が引き締まって次の角栓を予防する効果が期待できます。

 

オイルクレンジングこすりすぎはよくない

DUOクレンジングバーム

オイルクレンイングを使用すると、ついついやってしまうのが擦り過ぎです。オイルは肌の上で伸びが良く、滑りも大変良いのですが、そのせいでついつい指先に力が入ってしまうのです。

 

擦り過ぎは肌にとっては刺激となり、肌に必要な油分や水分まで取って乾燥肌や赤ら顔などの肌トラブルを起こす恐れがあります。

 

オイルクレンジングには強力な洗浄力がありますので、力を入れる必要はありません。肌の上をクルクルと指先でやさしく馴染ませるように撫でるだけで、メイク汚れを簡単に浮かすことができます。そのため、しっかりと汚れを取ろうと擦り過ぎることは不要な手間であると覚えておきましょう。

DUOクレンジングバーム