オイルクレンジング乾燥肌の人でも使える?

オイルクレンジング乾燥肌の人でも使える?

DUOクレンジングバーム

オイルクレンジングは乾燥肌の人でも使うことは可能ですが、気を付けたい点があります。

 

オイルクレンジングには前にも述べたとおり、強力な洗浄力があります。メイク汚れや皮脂汚れをしっかり取ることができるメリットがある反面、肌に必要な油分や水分まで取ってしまいやすいのです。

 

乾燥肌は角質層の角質細胞の間にある細胞間脂質の成分のひとつであるセラミドが不足したり流出しやすくなっています。セラミドは肌にとっては水分を維持するために欠かせない成分で、細胞間脂質の成分の中でも最も水分維持力が高く、成分の半数以上を占めています。

 

強い洗浄力があるクレンジングを使用することで肌の表面の油分を失うことは、水分を逃さないためのシールドを肌から剥ぎ取ってしまうことと同じなのです。そのため、どうしてもオイルクレンジングを使用したいのであれば、クレンジング後すぐに基礎化粧品で肌に潤いを与え保護することを忘れないようにしましょう。

 

オイルクレンジングを使う時間に気をつける

DUOクレンジングバーム

オイルクレンジングの使用時間にも気をつけることが大切です。強い洗浄力があるオイルクレンジングを長時間肌の上に乗せておくことは、必要以上に肌の油分を取ってしまうことになります。

 

また、使用時間が長くなれば、その分、クレンジングマッサージを行なうことになります。マッサージは摩擦を起こすため、肌のバリア機能が低下している乾燥肌にとって摩擦は刺激となってしまいます。

 

水分維持の要となるセラミドも摩擦によって簡単に肌から流出してしまいますので、クレンジング後に水分を失って乾燥肌が悪化してしまう恐れがあります。

 

前にも述べたとおり強い洗浄力がありますので、短時間のクレンジングマッサージで十分に汚れを落とすことが可能です。オイルクレンジングを肌にのせてから1分以内で済ませることが理想です。

 

オイルクレンジングで乾燥を感じたら

オイルクレンジングを使って、肌のつっぱりなど乾燥を感じるようであれば使用を続けることはおすすめできません。オイルクレンジングのテクスチャーに近いものではバームクレンジングがあります。

 

バームクレンジングは固形ですが、肌にのせると体温で溶けて液体になります。オイルクレンジングのように肌の上で滑りが良く、メイク汚れや皮脂汚れとの早く馴染んで短時間で落とすことができます。しかも、バームクレンジングは保湿感が高いという特徴があります。なぜなら、保湿成分だけではなく美容成分が含まれている製品が多いからです。


 

洗浄力はオイルクレンジング並みに強くても、肌から必要な油分や潤いを奪いすぎないので、バームクレンジングは乾燥肌にはぜひおすすめのクレンジングです。ただし、クレンジング後に基礎化粧品で肌を整えることは忘れないようにしましょう。

DUOクレンジングバーム