角栓がすぐたまる人の特徴

角栓がすぐたまる人の特徴

DUOクレンジングバーム

角栓がたまるとついつい無理に押し出してみたり、ひっかいてみたり、肌に悪いと思いつつ手をかけてしまいます。
角栓が溜まりやすい人ってどんな人なのでしょうか?
あなたは該当していませんか?

 

脂性肌である

皮脂の分泌が多い肌は、角栓をつくるもととなる余分な皮脂が多くなります。皮脂自体は液体なので、皮脂だけでは毛穴が詰まることはありません。
様々なものと混ざりあって角栓のような固形物を作ることになります。

 

乾燥肌である

乾燥肌は単にカサカサした肌というイメージを強く持たれるのですが、意外に皮脂を多く分泌させる原因になります。
また、乾燥した肌は柔軟性を失って、毛穴の伸縮もうまくいかなくなることで毛穴から皮脂を排出しにくくなり、時間が経つにつれ徐々に毛穴の中で皮脂と汚れが混ざって角栓を作ることになります。

 

メイクをよくする

どんなにクレンジングをしても、残ってしまうメイク汚れは必ずあります。毛穴に残ったメイク汚れと皮脂とが混ざり合って角栓を作ることになります。

 

肌年齢が出てきた

加齢により肌のターンオーバーが緩やかになると、古い角質が肌に残りやすくなります。これも皮脂と混ざりあって角栓を作る原因となってしまいます。

 

角栓予防のために食事には気をつける

DUOクレンジングバーム

角栓を予防するためには食事内容にも気をつけましょう。
具体的には角栓を作る原因となる過剰な皮脂の分泌を防ぐための食事をこころがけます。
そして皮脂の過剰な分泌を抑えるために積極的に取りたい食材もありますので確認してください。

 

脂っぽい物を控える

唐揚げやフライドポテトなどのフライドメニューを食べ過ぎると、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌量を増やしてしまいます。スナック菓子等も油を使用したものが多いので注意しましょう。

 

糖質が多い物を控える

糖質の過剰摂取も皮脂腺を刺激して皮脂の分泌量を増やしてしまうことになります。チョコレート、ケーキ、清涼飲料水など、砂糖を大量に含むものには注意です。

 

ビタミン類をしっかり摂取

【ビタミンC】
皮脂の分泌を抑える働きがあります。レモンやイチゴなどの果物や、ほうれん草や小松菜などの野菜に多く含まれます。
【ビタミンB2、B6】
脂質を代謝させる働きがあります。体内で脂質の代謝がうまくいかないと皮脂として肌に出てきてしまいます。B2は納豆やレバーに多く含まれ、B6は牛乳、バナナ、青魚に多く含まれます。

 

角栓を防ぐスキンケア方法

DUOクレンジングバーム

角栓を防ぐためにはスキンケアも大切です。間違ったスキンケアをしていないか確認してみてください。

 

洗顔は必ず洗顔料を使う

角栓を作る原因となる皮脂は、脂性なのでもちろん水だけでは洗い流すことができません。やはり皮脂を取ってくれる洗顔が必要です。

 

朝の洗顔を水だけで済ませるという人も角栓を防ぐためにはできれば洗顔料を使って欲しいものです。寝ている間も皮脂の分泌は続きますので、その皮脂を残したままメイクをすると角栓をつくるもとになってしまいます。

 

ただし、皮脂をしっかり落とそうと擦り過ぎるのは禁物です。過剰な摩擦も皮脂腺を刺激して皮脂の分泌量を増やすことになるので、たっぷりの泡で優しく丁寧に洗いましょう。

 

油取り紙でこまめに皮脂を取る

日中、肌に皮脂浮きが見られたらなるべく早く油取り紙で取り除きましょう。余分な皮脂を長時間肌の上に残しておくことは、角栓を作るだけではなく肌老化を進める原因にもなります。

 

ビタミンC誘導体入りの化粧水を使う

ビタミンCには皮脂の分泌を抑える働きがあります。

 

ビタミンC誘導体は、特殊なつくりのビタミンCで肌の奥に届いてからビタミンCに変換される成分です。ビタミンCそのものでは肌に浸透しにくいので、ビタミンC誘導体が入った化粧水のほうが効果が高いと言えます。

 

具体的な成分としては、アスコルビン酸Naリン酸アスコビルMgなどです。ビタミンC誘導体はシミやシワなどの肌老化によるトラブルにも効果的です。

DUOクレンジングバーム