角栓を取りたい!肌に優しい取り方

角栓を取りたい!肌に優しい取り方

DUOクレンジングバーム

角栓を取るために、鼻パックのみならず爪で押し出したりなど、かなり手荒なことをしてしまう人が多い様子です。
角栓が取れてしまえばスッキリですが、しばらくするとまた新たな角栓ができて、しかも前よりも大きな角栓ができるようになってしまうことも。

 

手荒なとこをすればするほど、毛穴は広がってしまい、毛穴のサイズに合わせて更に大きな角栓ができてしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。
そうならないためには、優しい取り方をすることが必要なのです。

 

毛穴の中につまっている硬い角栓でも、優しく取る方法がありますので、ぜひ試してみてください。

 

角栓を溶かす方法なら肌の負担にならない

DUOクレンジングバーム

角栓を形成している主な成分は、皮脂(脂質)・古い角質(タンパク質)・メイクや埃などの汚れです。
毛穴の中にも角質層があり、通常はターンオーバーによって毛穴の中の古い角質は皮脂によって毛穴の外へ排出されます。

 

しかし、ターンオーバーが遅れてしまうと古い角質がうまく剥がれず、肌を厚くしてしまうため毛穴の入り口が狭くなって詰まりを起こして角栓を形成してしまいます。

 

こうしてできてしまった角栓は、抜き取ることで除去するよりも、溶かして除去する方が肌にとっては負担になりません
角栓をいっきに溶かすとなると肌には大きな負担になってしまいますので、ここでは角栓を少し溶かして除去しやすくする方法であると考えてください。

 

角栓は毛穴のサイズに合わせてみっちりと詰まっている状態ですが、その一部を溶かしてあげることで毛穴から出やすくなります

 

角栓を溶かすためには角栓を形成している脂質とタンパク質を溶かすことができる成分が配合されたものを使用する必要があります。

  • 酵素配合の洗顔料(タンパク質を分解してくれる。)
  • 重曹パック(食品用の重曹と水で作れる簡単パック。耳たぶくらいの硬さに作って10分ほど鼻の上に乗せる)
  • 炭酸水(炭酸が脂質に吸着して溶解してくれる。コットンに含ませて10分ほど鼻の上に乗せる。)

クレンジングバームなら角栓を優しくとれるかも

そこで活躍するのがクレンジングバームです。
クレンジングバームの主な用途はメイク汚れの除去ですが、角栓を溶かしてくれる効果も期待できます。

 

毛穴ケア用のクレンジングに多いのがスクラブ入りで、これは角栓を除去できる率もアップするのですが、肌への刺激は避けられません。
クレンジングバームはスクラブ無しですが、毛穴の汚れをかき出す洗浄力がありながら、美容成分が配合されている製品もあるため、肌に優しいつくりになっています。

 

毎日のメイク落としと同時に角栓ケアをしながら、肌や毛穴に負担をかけずゆっくり除去することが期待できます。
鼻パックのようにいっきに取れた感はありませんが、クレンジングバームを使い続けることで毛穴の様子が変わっていくことを日ごとに実感できるはずです。

DUOクレンジングバーム